logo

  • ABOUT US
  • ABOUT US
  • STRUCTURE
  • WORKS & PROJECT
  • MAINTENANCE
  • COMPANY PROFILE
  • RENOVATION

アフターメンテナンス:

CONCEPT

NAMBU HOME  /  PRIVACY POLICY

南部建設では独自にアフターサービス基準を設けています。通常、法律で定められている瑕疵保証する項目・保証期間以上の点検基準を設けています。

法人さま向け建設での管理システム『建物の診断書』を作成・記録していきます。完成・引き渡し後、定期的に訪問させていただき、南部建設では定期点検記録報告書を間取り図と照らし合わせて、記録・保存していきます。将来、万が一の事態の時にも家の履歴を見返し、迅速な処置を施すことが可能です。

「住宅品質確保促進法」では、建築請負業者に対し、新築住宅の10年間の瑕疵担保責任が義務化されています。南部建設の施工する物件は、外部住宅保証検査機関によって現場施工状況が確認されます。これにより保険附保のための設計施工基準への適合性が確認され、保証書(10年)が発行されます。お客様の安心をサポートする大切なシステムです。

不同沈下から、大切な住まいを守りつづける保証です。第三者機関が地盤を調査し、適切な基礎工事を施した建物に対し、不同沈下が原因で建物に損害が出た場合、建物の原状回復にかかる補修費用、仮住まい 等の諸費用を保証する「地盤保証」をつけています。

地盤調査のセカンドオピニオン。地盤調査会社の調査報告を再度考察し、本当に地盤改良が必要なのかを40万件以上の独自のデータから判断します。

セカンドオピニオンとは、「より良い決定をするために、もう一人の人から聴取する意見(大辞泉)」という意味です。地盤業界においては、地盤調査会 社が行った調査データを第三者がチェックするという仕組みがありませんでした。そのため、ほとんどの場合、地盤調査会社の調査結果だけに基づいて地盤改良 工事が行われています。
地盤調査会社のデータに問題があるわけではありませんが、地盤調査会社が地盤改良工事会社を兼ねていたり、地盤改良工事会社の関連会社であった場合には、安全度をかなり考慮した解析結果と高額な改良工事がセットになっている場合がないとは言えません。
そんな地盤業界の悪習を打ち破るため、地盤改良工事を受注しない地盤解析専門会社の地盤ネットが公平な第三者の立場から地盤調査データを解析するサービスが「地盤セカンドオピニオン®」です。

地盤セカンドオピニオン®とは、地盤調査データを第三者がチェックし、過剰な改良工事を行わないためのサービスです。 ※南部建設ではお客様の任意で地盤ネットに申請します。